ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、戦争について、かく語りき

神が退屈だから、人間に戦争をさせるのではない。人間の方が、神を呼び出したいから、戦争をするのである。 戦争とは、この世で最も、派手で醜い、祭りのことである。 理論上、戦争を肯定するより、否定する方が、簡単だが・・・世の中、理屈じゃないから、…

イナシデス、痛みについて、かく語りき

心の痛みは、自分で何とか出来るが、体の痛みは、自分では、どうにも出来ない。 心の痛みも、体の痛みも、死ねば、きっと、解決するだろう。 永遠の痛みなんてない、人生には、死があるから。 もし、死に痛みがともなうならば、人は、もっと、懸命に生きるだ…

イナシデス、優しさについて、かく語りき

優しさとは、手伝うことでも、励ますことでも、与えることでもなく、相手を理解しようとする心である。 優しさについて、きちんと、考えたことのない人ほど、世間的には、優しい人で通っている。 他者と、失礼がないように交際しようと、心掛けている者は、…

イナシデス、外見・容姿について、かく語りき

絶対的な美など、存在しないし、相対的な美など、各個人の好みの前では、無力である。 もし、あなたが、世にも珍しい、驚くべき、酷い顔面をしていたとしても、自分自身が気に入っているのなら、他人の嘲笑など、気にする必要はない。 もし、あなたが、世に…

イナシデス、魅力について、かく語りき

別に、これといった魅力なんてなくとも、恋も出来るし、結婚も出来る。それは、人類の歴史が証明している。 もっと、自分を、魅力的にしたい者は、他人のことを研究するより、自分のことを研究するべきである。 どんなに魅力的な人物でも、百人中百人に、「…

イナシデス、青春について、かく語りき

青春とは、若さゆえの特権ではなく、力があり余っている人間の、特権である。 自分を見失っている者ほど、青春を謳歌する、資格がある。 青春とは、恥をかくのが、楽しくなる時期のことである。 青春とは、明らかな時間の無駄を、全く、気にしない時期のこと…

イナシデス、自尊心について、かく語りき

自尊心のない者は、自尊心のある者を責めない。しかし、自尊心のある者は、自尊心のない者を、やたらと責めたがる。 自尊心の問題というものは、結局、誰からも、馬鹿にされたくないという、問題に過ぎない。 自尊心を誇示したい者は、その辺にいる皮肉屋た…

イナシデス、嫉妬について、かく語りき

本妻に嫉妬する愛人は、図々しい。愛人に嫉妬する本妻は、夫を信用していないか、自分に自信がない。 女の嫉妬は、恋愛から、男の嫉妬は、仕事から、生まれることが多い。 嫉妬を全くしない人間は、よほどの好人物か、よほど、思い上がった人物である。 友人…

イナシデス、教育について、かく語りき

子育てで、何より大切なことは、その子供のために、親が、祈り続けることである。 親はなくとも、子は育つ。しかし、子のいない大人は、子のいる大人と比べて、成長する機会を失う。 子供の教育に、暴力を用いることは間違っている。しかし、残念ながら、間…

イナシデス、権力について、かく語りき

女の権力者は、同じ女から、嫌われている。男にも、好かれていない。ゆえに、お世辞を言われると、やたらと喜ぶ。 子供に権力を持たせると、無邪気さと、残酷さが、似たりよったりだと、よく分かる。 誰も、狂人を権力者にしたりしない。権力が、その人を、…