読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、不倫について、かく語りき

 

 不倫をしている者に対して、過剰に責めたがる者は、不倫をするより、不幸な結婚をしている者かも知れない。

 

 モテる人間が、不倫を批判しても、説得力がない。モテない人間が、不倫を批判しても、やっかみでしかない。

 

 モテない人間の不倫には、金がかかる。モテる人間の不倫には、金が入る。

 

 他人の不倫を問題視したがる妻ほど、自分がモテていないし、夫もモテていない。

 

 個人差はあれど、妻が、夫の不倫を許せないと思う理由は、嫉妬四割、道義性三割、そして、経済問題(愛人に金を持っていかれる心配)が、三割である。

 

 より欲情的な要素が濃い浮気は許されて、ちゃんと恋愛的要素がある不倫は許さない、そんな妻が多いことは、女という生き物が、いかに合理主義的かが分かる。

 

 不倫は、世の中で、最も盛り上がる、井戸端会議の議題のひとつである。

 

 不倫は、夫婦と、その愛人が納得しているのなら、大した問題ではない。

 

 自分に対して、配慮の足りない夫(妻)より、自分に対して、きちんと、配慮してくれる者(愛人)を好きになる心理は、特に珍しいものではない。

 

 不倫は、その夫婦に、子供さえいなければ、独身者の浮気と、特に大差はない。

 

 不倫をしたら、子供が可哀想、なんて言うタイプの人間ほど、不倫をして出来た子供を、差別するタイプだったりする。

 

 うしろめたさのない不倫は、不倫の上級者のする不倫ではない。

 

 不倫の逆説、うしろめたさもまた、快感の手助けをしている。

 

 不倫は、自由な人間の行為ではない。自由を失ってもいい、と思う人間の行為である。

 

 勢いでする不倫は、勢いでする結婚より、不幸になる可能性が高い。

 

 不倫は、秘密を守ることの大切さを学ぶ、授業である。

 

 不倫をしている夫(妻)に対する、復讐方法は3つある。夫(妻)を責める、愛人を責める、自分も不倫をする。

 

 不倫を問題視したがる人の大半は、それを個別に評価せず、一般論で評価している。

 

 不倫願望は、大半の者にある。しかし、それを実行するために必要な、自身の魅力や経済力は、大半の者にない。

 

 不倫からの略奪愛を、世の中が賛美するほど、大衆というものは、自信家ばかりではない。