読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、性別について、かく語りき

 

男女平等以前に、あらゆる人間関係の中で、全く対等な関係性なんて、存在しない。

 

男女平等の推進は、双方の偶像性の破壊を伴い、男女ともに、損したり、得したりの話である。

 

男らしさも、女らしさも、イメージ先行の定義モドキに過ぎない。

 

男になりたがる女は、社会的責任を持ちたがっているのかも知れない。女になりたがる男は、社会的責任を放棄したがっているのかも知れない。

 

ある女が言った。「男だったら良かった」私は、納得した。彼女が、女として生きていくには、余りに、顔面がたくまし過ぎる。

 

ある男が言った。「女だったら良かった」私は、納得出来なかった。彼が、女として生きていくには、余りに、全身がたくまし過ぎる。

 

神が、人間の性別を、生まれる前に、選べるようにしても、結局、男女の比率は、五分五分になるような気がする。

 

つまらない男に引っ掛かる女、見栄っ張り。つまらない女に引っ掛かる男、情欲過多。

 

多趣味の男は、器用貧乏。多趣味の女は、すぐ、誰かの影響を受けている。

 

気質が、男寄りの女、女寄りの男、意外とモテる。

 

男らしい男は、同性に好かれるが、女らしい女は、同性に好かれない。

 

男は、自分の部屋を欲しがる。女は、家ごと欲しがる。

 

男の身勝手も、女の身勝手も、傾向が違うだけで、どちらも同じくらい、身勝手である。

 

女が女友達を裏切ってまで、男に尽くしても、男は女のために、男友達を裏切ったりしない。

 

女は男と、秘密を共有したがっている。しかし、男は女と、秘密を共有したがらない。

 

男は、別れた女のことまで心配してみせる。女はそれを、大きなお世話だと思っている。すでに、新しい男がいる場合は、特に。

 

厭世解釈。結婚は、男も女も、慣習の被害者である。しかし、最大の被害者は、子供であることを、忘れてはならない。

 

男の老いは、喜劇的だが、女の老いは、悲劇的である。最初、私はそう思ったが、お好みで入れ替えても、何の問題もない。

 

 男が欲情のために、女を押し倒すことが大罪ならば、女が欲情のために、男を誘惑することも、せめて小罪くらいにするべきである。

 

世の中が進歩して、どれだけ男女平等が叫ばれるようになっても、少なくとも、性器ひとつ分の違いだけは、残り続けるだろう。