ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、世間(世間体)について、かく語りき

 

 世間体を気にするということは、他人の嫉妬を気にすることと、同じことである。

 

 迷走する者、世間体の奴隷。

 

 世間体など、大事ではない。大事なのは、世間体を気にしているように、見せることである。

 

 世間の代弁者と言われる人は、たいがい、自薦でやっている。

 

 世間を知ってみたところで、得られるのは、処世術であって、教養ではない。

 

 世間を知ろうとすることは、多くの人間と、関わりを持つということである。

 

 世間話をして、出来た仲間は、やがて、世間話をして、仲違いする。

 

 自分で自分を縛っている者ほど、世間に縛られているような、顔をしたがる。

 

  世間体なんてものは、実体がない。あるのは、人間の、感情や価値観である。

 

 世間体を全く、気にしない者は、ある種の野蛮人に過ぎない。

 

 世間の評判を良くしようと思ったら、取り敢えず、欲を捨てることである。

 

 一人で生き抜く覚悟がある者は、世間から逃げ出すのも、いいだろう。闘ってみるのも、いいだろう。

 

 世間と闘っていると思い込んでいる者、たいがい、一人相撲。

 

 全て、世間の言う通りにしたところで、理想の人生も、理想の社会も、完成することはない。

 

 世間は、意志のない者、思想のない者を、次々、踏み潰しにやって来る。

 

 世間が、許さないのではない。世間、世間と、騒いでいる者が、許さないのである。

 

 実は、幽霊に、直接、殺される者がいないように、世間体から、直接、殺される者もいない。

 

 どれだけ、人間が、代替わりしても、世間体の何たるかなんて、変わりゃしない。

 

 宇宙には、人間以上の数の星が存在するが、そこに、世間体のような馬鹿なものは、存在していない。

 

 世界は、神が創った。世間は、人間が作った。

 

 

広告を非表示にする