ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

思想・哲学・倫理・箴言・格言

イナシデス、成功について、かく語りき

ただの結果論に過ぎない、成功者の言葉を、長時間、聞いていられる者は、きっと、成功しない。 全てのチャンスは、一度切りである。二度目のチャンスは、別のチャンスでしかないから。 成功への道標とは、小さい目標を、いくつも持つ、ということである。 あ…

イナシデス、世間(世間体)について、かく語りき

世間体を気にするということは、他人の嫉妬を気にすることと、同じことである。 迷走する者、世間体の奴隷。 世間体など、大事ではない。大事なのは、世間体を気にしているように、見せることである。 世間の代弁者と言われる人は、たいがい、自薦でやってい…

イナシデス、夢と希望について、かく語りき

他人の夢が叶った話は、他人が寝て見る夢と同じように、聞きたくもない。 夢を叶えた人間の話を聞いても、大して羨ましく感じないのは、その夢が、自らの夢とは、別のものだからである。 他人の夢を聞くのが好きな者は、自分の夢は、語りたがらない者が多い…

イナシデス、外国・外交について、かく語りき

愚かな近隣諸国との交際より、優先されるべきは、優れた遠国との交際である。 外国は、貿易相手であり、観光地に過ぎない。外国に、それ以上のものを求めることは、外交的失敗のもとである。 ある国が、ある外国の動向ばかりを気にするのは、その国を尊敬す…

イナシデス、読書について、かく語りき

面白い本とは、読んで、記憶に残るものというよりは、読んでいる時、今を忘れさせてくれるものである。 良い本と出会いたかったら、その何倍も、悪い本との出会いをしなければならない。 一冊の良書は、百人とのお喋りにも勝る。 良い本は、何度、読み返して…

イナシデス、不倫について、かく語りき

不倫をしている者に対して、過剰に責めたがる者は、不倫をするより、不幸な結婚をしている者かも知れない。 モテる人間が、不倫を批判しても、説得力がない。モテない人間が、不倫を批判しても、やっかみでしかない。 モテない人間の不倫には、金がかかる。…

イナシデス、夫婦について、かく語りき

夫婦とは、あらゆる秘密を共有する関係である。妻が夫の浮気を許せないのは、その秘密が、自分以外の女に、漏れた気分になるからである。 また、それゆえ、妻が容認する愛人とは、一緒に秘密を共有出来ると感じた者に限られる。 一流の悪女は、ちゃんと男と…

イナシデス、人生について、かく語りき

人生に意味があるとしたら、それは、こじつけでしかなく、意味がないとするのも、こじつけでしかない。 命懸けの人生と聞くと格好良いが、よく考えてみると、誰の人生であっても、死ぬ前までの行為は、全て、命懸けである。 人生の転換期は、予言出来るもの…

イナシデス、国家について、かく語りき

国家は、極めて合理的な装置・機能であって、自分の意思を持っていない。 大きな集団でありながら、国家という装置・機能を活用しない集団は、山賊や海賊と変わらない、ならず者である。 国家は、全く機械的である。燃料になっているのは、予算であり、それ…

イナシデス、性別について、かく語りき

男女平等以前に、あらゆる人間関係の中で、全く対等な関係性なんて、存在しない。 男女平等の推進は、双方の偶像性の破壊を伴い、男女ともに、損したり、得したりの話である。 男らしさも、女らしさも、イメージ先行の定義モドキに過ぎない。 男になりたがる…

イナシデス、自由について、かく語りき

道徳は、自由の邪魔である。そう聞いて、納得した者は、空想的自由を求めている者であって、現実的自由を知る者ではない。 誰だって、頭の中は自由である。ゆえに、他人に知られたくないことばかり、考えている。 どんな自由が欲しい?と、訊かれて、すぐに…

イナシデス、芸術について、かく語りき

絵画の限界。海の絵なんて、退屈である。本物の海は、いつまで眺めていても、飽きない。 肖像画も宗教画も、ただのフィクションである。しかし、大衆の多くは、ありのままを信じている。 良い音楽は、決まって、どこか哀しい。表面的には、明るく楽しく聴こ…

イナシデス、経済について、かく語りき

国家は、世の中の富の分配機能として重要である。しかし、国家を牛耳る者たちは、誰も、その重要性に気付いていない。 国家の経済の建て直しに必要なことは、まず、目先の利益にとらわれてばかりいる有力者を、説得することである。 国家が、外国や、富裕な…

イナシデス、死について、かく語りき

死後の世界というものが、天国や地獄であって欲しくない。無の世界であって欲しいとも、思わない。この世の延長のようで、あって欲しい。 もし、私の寿命が三ヶ月だったとしても、特にやることは変わらないだろう。ただ、暇があったら、何か思索しているだけ…

イナシデス、文化と文明について、かく語りき

文明は世界中に伝わるもの。文化は、その伝わった文明を、どう仕上げるか? 文明は、発見する力。文化は、完成させる力。 寒いから服を着るのが、文明。恥ずかしいから服を着るのが、文化。 文明の原因は、明瞭である。文化の原因は、曖昧である。 文化の中…

イナシデス、隣人について、かく語りき

あの人、もっと気にするべきことがあるのに、占いばかり気にしている。 知識のある人、無駄口多い。知識のない人、いつも同じ話。 人を褒めたがる人、裏のある人。人を貶したがる人、裏を見せているようで、まだ裏がある人。 たいがいの人間は、善でも悪でも…

イナシデス、結婚について、かく語りき

宝くじを勧めてくる者、ついでに結婚も勧めてくる。 理想の結婚にこだわれば、一生独身。 理想の結婚にこだわれば、一生、夫婦喧嘩。 何ひとつ諦めないでする結婚は、必ず失敗する。 結婚は、何かを諦める言い訳に最適である。 結婚は縛る側に有益。縛られる…

イナシデス、歴史について、かく語りき

歴史は作り上げるものではない。自然と体験しているものである。 歴史を知っても、未来は変わらない。これまでの流れ通りの、道を行くだけである。 歴史のもしもは、最初は楽しい。最後は虚しい。 世界中の神話や歴史書を読めば、人間がいかに嘘つきか分かる…

イナシデス、宗教について、かく語りき

神を信じるということは、自分は強運だと信じているだけである。 運を神と思える者は、宗教に走る。神を運と思える者は、占いに走る。神も運も不条理としか思えない者は、虚無に陥る。 信仰と運の良し悪し、関係なし。 常に迷信を馬鹿にしながら、急に迷信が…

イナシデス、幸福について、かく語りき

幸福は、色々捨ててから、やって来る。不幸は、色々と持ち過ぎるから、やって来る。 幸福は、日常の中にあるものであって、空想の中にあるものではない。 幸福は、掴んだ瞬間、幸福じゃないような気がしてくる。 自分だけの幸福は、うしろめたいばっかりで、…

イナシデス、美学について、かく語りき

美学とは、他人には分からない、自分の価値観のことである。 自分の美学がある者、他人の批判も嘲笑も恐れたりしない。 自分の美学がない者、他人の言いなり、世間に合わせて生きるだけ。 嘘をつき、嫌われて、反省するようでは、真の嘘つきではない。 ケチ…

イナシデス、またまた皮肉ばかり、かく語りき

賢い人間は、不自然である。馬鹿な人間は、自然と馬鹿なままなのに。 何も考えていないから、自信満々というのが、最も喜劇的である。 この世には、善も悪もなく、ただ、それぞれのご都合主義だけがある。 大半の人間は、自分が反面教師と思っていた者と、同…

イナシデス、また皮肉ばかり、かく語りき

いつ会っても、機嫌の良い人。どこか病気。 自尊心が高い人。怒りっぽい。 駄目な人ほど、自尊心に囚われる傾向が強い。 道徳的に見える人。不幸そう。 誰も傷付けずに生きている人。つまらない人。 自由を満喫している人。嫌われ者。 格好付けている人。ど…

イナシデス、皮肉ばかり、かく語りき

早寝早起きなんて、良くも悪くもない。ただ、昼寝する確率が上がるだけである。 同じことなのに、犬猫を家族扱いすると、良い人。家族を犬猫扱いすると、悪い人。 人間らしく生きるということは、どういうことか?四つん這いになって、ワンワン、ニャンニャ…

イナシデス、哲学について、かく語りき

人間は、不思議を感じることは出来ても、不思議を解明することは、ほぼ出来ない。 知的な人、あらゆる言い回しの達人。 浅はかな知性の持ち主、自分の意見がないのに、話は長い。 難しく考えないという哲学。 勉強したことを生かしたかったら、更なる勉強を…

イナシデス、政治について、かく語りき

英雄とは、大衆に背中を押されて、転ばないで済んだ者のことである。 理想を持った指導者と、無垢な大衆、何より酷い組み合わせ。 人を操ることに、うしろめたさより、快楽を感じる者、要警戒。 危険人物は世論操作が巧い。安全な人物は、世論ばかり気にして…

イナシデス、金について、かく語りき

金があっても仕方ない。金がないのは、どうしようもない。 金を欲しがるのは恥ではない。不必要な金を欲しがることが恥である。 ゴールは金ではない。しかし、スタートするのに金がいる。 運で金が入ることはあるが、金で運は買えない。 健康は金で買えない…

イナシデス、交際について、かく語りき

利益だけの関係も良いだろう。しかし、双方に、多少なりとも敬意がなければ、心が病むだろう。 成功しても、失敗しても、忘れてはいけない世間体対策。 人の評価を気にする人は、人の評価を気にしない人の倍、精神力がいる。 世間体ばかり気にしている者は、…

イナシデス、心理について、かく語りき

他人の評価を受けている時こそ、自分を見失っている。 みんな自分が不自由になることを恐れながら、他人が自由になることを恐れている。 出来ないと思えば、何も出来ない。出来ると思えば、たまには出来る。 人を最も苦しめるのは、現状ではなく、記憶である…

イナシデス、女について、かく語りき

女らしさとは、男にはない羞恥心があるということである。 女は生まれながらに、慣習と結婚させられる。しかも、容易に離婚出来ない。 女の相談、ただの無駄話。その上、話す相手を間違っている。 女同士の恋愛話、盛り上がっているようで、内心はウンザリ。…

イナシデス、恋愛について、かく語りき

恋は一過性のもの。愛も一過性のもの。 愛と恋は、長距離走と短距離走以上に、違う競技である。 男の愛の半分は、責任で出来ている。女の愛の半分は、狂気で出来ている。 自分の色恋を得意げに語る女、終身刑。自分の色恋を得意げに語る男、死刑。 恋愛論を…

イナシデス、処世術について、かく語りき

ゴメンナサイで済むことに、理屈を付けてはいけない。 誠実な者には、誠実に。不誠実な者には、やや誠実に。 自尊心は、他人に見せびらかした時点で、虚栄心である。 社交とは、陳腐な会話を恥ずかしげもなく、誰とでもするということである。 会話は相手次…

イナシデス、知性について、かく語りき

小賢しいのは良くない。しかし、小賢しいのは、知性の登竜門である。 疑うことが知性なのではない。信じ切れないことが知性である。 主観の中に客観成分。客観の中に主観成分。 最悪の状況は、思索するのに最適な状況である。 先のことばかり考えている人、…

イナシデス、神について、かく語りき

神は敵でもないし、味方でもない。つくづく、神である。 不運や不安について考えるということは、神について考えることと同じである。 神も自然も、金で説得出来ないし、暴力にも屈しないという意味で、人間より危険である。 人間の幸不幸は、神の躾なのかも…