読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、処世術について、かく語りき

 

ゴメンナサイで済むことに、理屈を付けてはいけない。

 

誠実な者には、誠実に。不誠実な者には、やや誠実に。

 

自尊心は、他人に見せびらかした時点で、虚栄心である。

 

社交とは、陳腐な会話を恥ずかしげもなく、誰とでもするということである。

 

会話は相手次第。相手が悪ければ、なるべく黙っているのが望ましい。

 

金使いも大事だが、言葉使いはもっと大事。

 

誰かを尊敬する必要はない。自分が思い上がっていなければ。

 

人に優しくしなくてもいいから、誰も恨まないこと。

 

嫌いな人に良くしてやる。これは復讐でしかない。

 

相談に乗るのが好きな人。他人の秘密を探っている人。

 

鈍感な人、嫌われる。何でも気付く人、やっぱり嫌われる。

 

信用しなければ、みんな去る。信用し過ぎれば、悪人まで集まって来る。

 

交際範囲は広い方が良い。各種反面教師が揃うから。

 

敵が多いと邪魔される。味方が多いと、やっぱり邪魔される。

 

少しズルい人は、味方にしてもいい。しかし、かなりズルい人は、敵にした方がいい。

 

人に何かをあげる時、もらう時、みんなちょっとだけ嘘をつく。

 

善意なら受け取れ、いや、大した意図がないと思えば、受け取れ。

 

断れない者は、自分が駄目になる。断り続ける者は、人間関係が駄目になる。

 

見栄を張るよりも、馬鹿にされた方がいい状況、少なからず。

 

気分良く会って、気分良く話して、気分良く別れることの難しさ。