読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、恋愛について、かく語りき

 

恋は一過性のもの。愛も一過性のもの。

 

愛と恋は、長距離走と短距離走以上に、違う競技である。

 

男の愛の半分は、責任で出来ている。女の愛の半分は、狂気で出来ている。

 

自分の色恋を得意げに語る女、終身刑。自分の色恋を得意げに語る男、死刑。

 

恋愛論を語りたがる人、顔が別のことを語っている。

 

異性にモテる者、比較的嘘つき。異性にモテない者、嘘をついても無駄なだけ。

 

若い女は、無垢ならモテる。若くない女は、品があればモテる。歳をとった女は、金があればモテる。もっと歳をとった女は、何もしなくとも、死神にはモテる。

 

悪い男は、まず女を誉め殺しにしてから、何もかも奪っていく。

 

頭の中でする恋愛は、体を使ってする恋愛より、健全とは限らない。

 

正直過ぎる男女の恋愛、かえって醜い。

 

男女の友情は、一度でも、この人と結婚したら、と想像すれば恋愛である。

 

女の涙に希少価値なし。男の涙に存在価値なし。

 

恋をしたことのない女は、恋多き女を、まるで性病患者のように眺めている。

 

女は、悲劇を演じたがる喜劇役者である。男は何を演じても、ただの大根役者である。

 

男の欲求に大義はいらない。女の欲求には、戦争と同じくらいの大義がいるのに。

 

結婚にこだわる愛には、何か不純なものが混じっている。とはいえ、結婚にこだわらない愛も、同じことである。

 

永遠の愛を求める者、欲張り。一過性の愛を求める者、ただの快楽主義者。

 

愛は不幸の始まり。しかし、何も始まらないよりはマシ。

 

恋愛により、自尊心の傷付いた男は、おとなしいロバ。恋愛により、自尊心の傷付いた女は、手のつけられない暴れ馬。

 

万人への愛は、愛ではなく、ただの空想である。