ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、心理について、かく語りき

 

他人の評価を受けている時こそ、自分を見失っている。

 

みんな自分が不自由になることを恐れながら、他人が自由になることを恐れている。

 

出来ないと思えば、何も出来ない。出来ると思えば、たまには出来る。

 

人を最も苦しめるのは、現状ではなく、記憶である。

 

嫌な過去は、成功で塗り潰せるかというと、そうでもない。

 

信じられないのも弱さゆえ、信じてしまうのも弱さゆえ。

 

笑顔ですら、誰かの怒りの導火線。

 

異常な憎悪の持ち主は、事実がそうさせている以上に、妄想がそうさせている。

 

不幸な人が僻みっぽいのは仕方ない。しかし、不幸でもない人が僻みっぽいのは、どこか病気。

 

嫉妬もしない、嫉妬もされない。凄い才能。

 

悪い嘘つき。欲張り、見栄っ張り、嫉妬深い。

 

世の中、どうでもいいことばかり、と言いながら、みんな結構気にしている。

 

誰かを全否定しようとする者の、救いのない思い上がり。

 

気遣いの人も、気を使わない人も、誰かを不快にしているという意味では、同じである。

 

人を殴りたいと思う気持ちは、人をなぶりたいと思う気持ちよりは、健全である。

 

どんな卑屈な人間であっても、何かしら自慢をしたがっている。不幸な人が、その不幸について、誰かに語りたがるように。

 

世の中に毒づきたくて仕方ない人、孤独な人。

 

若い自殺者ほど、理想主義者。老いた自殺者ほど、現実の敗者。

 

解決しなくとも、不安になることはない。逆に、解決した時こそ、安心してはいけない。

 

人生で最も重要なことは、人生で最も重要なことについて、考えないことである。