読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、交際について、かく語りき

 

利益だけの関係も良いだろう。しかし、双方に、多少なりとも敬意がなければ、心が病むだろう。

 

成功しても、失敗しても、忘れてはいけない世間体対策。

 

人の評価を気にする人は、人の評価を気にしない人の倍、精神力がいる。

 

世間体ばかり気にしている者は、道徳家ではなく、人間不信に陥っている者である。

 

人望のある者、誰かに利用される。人望のない者、誰から見ても、利用価値なし。

 

自分を安売りした時ほど、誰も買ってくれない。

 

聖人ぶっても、得るもの少ない。俗人ぶったら、失うもの多い。

 

くだらない人間を信用してはいけない。人間を憎悪する、切っ掛けになるから。

 

役立たずの話、案外、面白い。働き者の話、たいがい、つまらない。

 

何も受け取らない者、気取っているだけの、打算主義者。

 

本物の個性は、意識しなくとも、勝手に滲み出ている。

 

真の理解者がいなければ、周囲に何億人いても、孤独。

 

他人は資料であって、手本ではない。

 

言い訳しないでいい相手に、言い訳させられると、後で腹が立つ。

 

その人の自尊心を、深く傷付けることが出来るのは、他人以上に身内である。

 

やたらと他人の心配をするのは、多くの他人に依存している証である。

 

自立とは、誰がいなくなっても、どうにかなるということである。

 

誰からも好かれる人、誰よりも不自由な人。

 

人間は人間に磨かれる。どんな人々に出会うかで、自分の形が変わる。

 

みんな恩人、みんな邪魔者。