読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、金について、かく語りき

 

金があっても仕方ない。金がないのは、どうしようもない。

 

金を欲しがるのは恥ではない。不必要な金を欲しがることが恥である。

 

ゴールは金ではない。しかし、スタートするのに金がいる。

 

運で金が入ることはあるが、金で運は買えない。

 

健康は金で買えない。たいがいの者は、健康なだけで、大したものは買えない。

 

金で安心は買えないが、富裕な者は買った気になっている。

 

究極の幸福は金で買えない。買ったと思っている人は、不幸な人である。

 

金がないのに幸福を感じられる人は、金があるのに幸福を感じられない人より、優れていると言える。

 

金にこだわれば、気が狂う。金にこだわらなければ、生活が狂う。

 

俗物は、気を使うことと、金を使うことが、一緒の行為になっている。

 

人生の転換期は、大金と共にやって来る。あるいは、大金が去ってやって来る。

 

金なんか要らない、と憤慨した翌日には、金がいる話がやって来る。

 

たとえ正当性があっても、金のない人から金を受け取るのは、不快である。

 

たとえ金のない相手でも、貸した金を返しに来ないのは、不快である。

 

金がなくなれば、自分にとって何が不必要なのか、考える機会にはなる。

 

無料は無責任。何処かの誰かに、無理な負担をさせているだけ。

 

苦労を金に換算出来ると考えるのは、間違いである。逆に、金に換算された方が惨めである。

 

金がないことは、孤独になることと同じである。

 

金という盾がなくなれば、自然と傷付く回数も増えていく。

 

金の要らない人、将来の展望のない人。