読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、政治について、かく語りき

 

英雄とは、大衆に背中を押されて、転ばないで済んだ者のことである。

 

理想を持った指導者と、無垢な大衆、何より酷い組み合わせ。

 

人を操ることに、うしろめたさより、快楽を感じる者、要警戒。

 

危険人物は世論操作が巧い。安全な人物は、世論ばかり気にして、自分もまともに操作出来ない。

 

言葉を大事にしない国は、滅びる。妥当な認識を持てずに、誤解ばかりが蔓延するから。

 

外国の影響のようで、国内の裏切り者の仕業、少なからず。

 

敵に侮蔑されるより、腹立たしいのは、味方に軽んじられることである。

 

政治家、約束を守る気がない。とはいえ、約束を守ることが、国民にとって有益とも限らない。

 

癒着したがるのは、別に役人ばかりじゃない。癒着が好きなのは、役人も含めて、凡人たちである。

 

目立つ外交、諸外国の憧れの的ではなく、狙われる的。

 

 戦争を喜ぶ者、どこか計算違いをしている。

 

戦争は、あらゆる人間の責任転嫁の果ての出来事である。

 

小さい組織の大将、独りよがり。大きい組織の兵士、馬鹿ばっかり。

 

悪を殺せば、善も悪になる。悪を大量に殺した者は、英雄ではなく、最悪の者である。

 

大きい信用、維持費がかかる。小さな信用、大したこと出来ない。

 

最良の政治は、他人を信じてやれる環境を作ることである。

 

最良の経済は、他人を信じてやれる環境を作ることである。

 

最良の社会は、他人を信じてやれる環境を作ることである。

 

好況は、無駄が増えている状況。不況は、無駄が減っている状況。人間は合理的だから、永遠の好況などあり得ない。

 

究極の政治とは、全人類が納得する生活状況を作り上げることである。つまり、夢の世界の話である。