ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、哲学について、かく語りき

 

人間は、不思議を感じることは出来ても、不思議を解明することは、ほぼ出来ない。

 

知的な人、あらゆる言い回しの達人。

 

浅はかな知性の持ち主、自分の意見がないのに、話は長い。

 

難しく考えないという哲学。

 

勉強したことを生かしたかったら、更なる勉強をするしかない。

 

知識はどこまで必要か?自分で要らないと思えるまで。

 

新説を理解出来る者は、常に小数派である。

 

一分、一秒を無駄にしない人、休憩時間を無駄にしている人。

 

人より、すぐ傷付く者、深く傷付く者、知的ではない。

 

無神経には、良性と悪性の二種類がある。

 

こだわれば、苦労する。こだわらなければ、自分が感じられなくなる。

 

自信家は、みんな偶然を楽しんでいる。

 

運も時間も、形のないものは、どうしようもない。

 

時間という恐喝。どんどん、人生の選択肢を奪っていく。

 

最も大きな悩みは、最も好きなことと関連していることが多い。

 

希望があるということは、不満があるというだけの話である。

 

幸福から生まれた金言は、大して共感されない。

 

敗者の哲学は、実用性があるが、勝者の哲学は、ただの自慢話。

 

思想表明すれば、自分の作った檻の中に閉じ込められることになる。

 

眠い時は、眠るしかない。死ぬ時は、死ぬしかないのと同じである。