ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、皮肉ばかり、かく語りき

 

早寝早起きなんて、良くも悪くもない。ただ、昼寝する確率が上がるだけである。

 

同じことなのに、犬猫を家族扱いすると、良い人。家族を犬猫扱いすると、悪い人。

 

人間らしく生きるということは、どういうことか?四つん這いになって、ワンワン、ニャンニャン鳴いたりしては、いけないということ。

 

人道主義者、書物の中だけ。実際は、身内の評判すら芳しくない。

 

俗物と、俗説ばかり、よく流行る。

 

子供、馬鹿な動物。しかし、たまに鋭い。

 

私が天文学をやらない理由?案外、忙しいのでね。

 

数字を使って、何でも説明したがる者、詐欺師まがいの可能性。

 

身内を溺愛する者、将来、その身内に裏切られる者。

 

力(才能)を使い果たした者は、頭に他人の悪口くらいしか、浮かばなくなる。

 

完璧な評価を求めようとすれば、永遠に準備期間を続けることになる。

 

常識を武器にする人、武器なしじゃ弱い人。

 

大きな夢も、小さな夢も、かなわないという意味で、同じである。

 

「せめて」が口癖の人、欲張り。

 

「羨ましい」が口癖の人、ただの自己否定と気付いてない。

 

「面倒臭い」が口癖の人、成功しない。

 

「時間がない」が口癖の人、意外と長生き。

 

みんな楽したがる癖に、役立たずとは思われくない。

 

ずっと楽していれば、それが苦になる。

 

楽な方へ、楽な方へ向かって行き、辿り着くのは、お花畑ではなく、谷底である。