ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、また皮肉ばかり、かく語りき

 

いつ会っても、機嫌の良い人。どこか病気。

 

自尊心が高い人。怒りっぽい。

 

駄目な人ほど、自尊心に囚われる傾向が強い。

 

道徳的に見える人。不幸そう。

 

誰も傷付けずに生きている人。つまらない人。

 

自由を満喫している人。嫌われ者。

 

格好付けている人。どうせ、最後まで格好付けられない人。

 

頭の狂った人。現実を受け入れられなかった人。

 

頭の狂った人。死にたかったのに、死ねなかった人。

 

正義の味方は、いつも悪を探している。とにかく誰かを、説教したり、攻撃したくて仕方ないから。

 

善意は悪意よりマシである。しかし、どこか恐喝めいている。

 

下品な人を説教して、得意がる人は、上品な人ではなく、上品ぶった人である。

 

良く出来た子供は、その存在が、両親を批判しているようなものである。

 

犬猫を苛める者、人間から、犬猫以下の扱いを受けている者の可能性。

 

政治学やる者、政治家になる機会なし。経済学やる者、たいがい貧乏。

 

頭の良い人、先回りしているようで、別の場所にいることが多い。

 

長らく自分探しの旅が出来る者、誰も探してくれない、世捨て人。

 

嘘をつく時、長話してしまう者、資質は正直者。

 

中身のない人、容器が派手。中身がある人、実は容器が小さい。

 

死について考えていると、死ぬのが怖くなる。生活について考えていると、さっさと死にたくなる。