ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、またまた皮肉ばかり、かく語りき

 

賢い人間は、不自然である。馬鹿な人間は、自然と馬鹿なままなのに。

 

何も考えていないから、自信満々というのが、最も喜劇的である。

 

この世には、善も悪もなく、ただ、それぞれのご都合主義だけがある。

 

大半の人間は、自分が反面教師と思っていた者と、同じ失敗をする。

 

溺れて藁を掴む者を笑いながら、自分もそうなれば、同じことをしてしまうのが人間。

 

小市民は、普通というだけで思い上がっている。しかも、大半は普通以下である。

 

顔が老けている人、時間を止められる人。

 

反省し過ぎる人、行動力なし。

 

欲張ったことを反省したところで、無欲になれる訳じゃない。

 

比較したがり、情緒不安定。比較しない人、客観性なし。

 

つまらないことで笑う人、つまらない人。面白いのに笑わない人、最もつまらない人。

 

占いは統計学である。しかし、数えたところで仕方ないもので、完成されている。

 

急に来る人、迷惑な人。行っても良い?と訊いたら、断られる人。

 

居留守を使うことのうしろめたさを、招かざる客は分かってくれない。

 

話の下手な人と長話すれば、あっちこっちに誤解が拡がる。

 

優し過ぎる人、下心がある人。または、そう思われることを恐れない人。

 

最悪のことは、簡単には起きない。起きた時には、既に死んでいるから、心配には及ばない。

 

自殺した人は、むしろ、幸福だった時期が長かったのかもしれない。

 

老人が綺麗事に走るのは、天国を意識しだした証である。

 

精神を軽んじれば、精神から、知性を軽んじれば、知性から、肉体を軽んじれば、肉体から、きっと復讐されるだろう。