ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、幸福について、かく語りき

 

幸福は、色々捨ててから、やって来る。不幸は、色々と持ち過ぎるから、やって来る。

 

幸福は、日常の中にあるものであって、空想の中にあるものではない。

 

幸福は、掴んだ瞬間、幸福じゃないような気がしてくる。

 

自分だけの幸福は、うしろめたいばっかりで、次第に、幸福じゃなくなっていく。

 

何も起きないという幸福。そして、幸福という退屈。

 

計画を立てるのが好きな人、実現しなくても幸せな人。

 

面倒臭がりでいられる人、幸福な環境。

 

やたら忙しいのも、やたら暇なのも、幸福の証。

 

不幸な人、他人の悪い面より、良い面ばかり見て、自分を嘆く。

 

不幸な人ほど、小さな幸福を発見する能力がある。

 

不幸な人でも、基準だけ変えれば、不幸でもない人に変身出来る。

 

一瞬だけなら、どんな人生にも、輝きがある。

 

幸福な人ほど、無意識に自爆してしまうものである。

 

何かひとつ興味があれば、それが生きる理由になる。

 

花(人生・才能)は、いつも予告なしに開く。

 

欲張らない、憎まない、先のことは考えない。これを守るだけで、少しは気が晴れる。

 

幸福も不幸も、本当に強引な訪問者である。

 

長い幸福も、長い不幸も、どちらも、その後の幸不幸の物差しを狂わせる。

 

幸福な人は俗である。不幸な人は、もっと俗である。

 

幸福と思い込むのも知性なら、思い込めないのも知性である。