ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、結婚について、かく語りき

 

宝くじを勧めてくる者、ついでに結婚も勧めてくる。

 

理想の結婚にこだわれば、一生独身。

 

理想の結婚にこだわれば、一生、夫婦喧嘩。

 

何ひとつ諦めないでする結婚は、必ず失敗する。

 

結婚は、何かを諦める言い訳に最適である。

 

結婚は縛る側に有益。縛られる側に不利益。

 

離婚を勧める者、悪い人。結婚を勧める者、同罪。

 

恋人は、たまに会う暇潰しの相手。夫婦は、毎日会う暇潰しの相手。

 

夫が妻を殴れば悲劇的だが、妻が夫を殴れば喜劇的になる。

 

自分の結婚生活に満足したかったら、他人の不幸な結婚生活を見て、優越感に浸ることである。

 

醜い夫婦は、聖者的である。他の夫婦に自信を与えるための、犠牲者だから

 

妻の夫に対する励ましは、ただの圧力である。アメで出来たムチである。

 

夫(妻)が一番の理解者である夫婦、実はそうでもないという現実。

 

良い結婚は、良い子供を生む。悪い結婚は、良い離婚を生む。

 

子供の出来ない夫婦は、世間体さえ気にしなければ、得すること少なからず。

 

女は子供のことを、夫に対する、飛び道具か何かだと思っている。

 

子供はあらゆる意味で、夫婦の保険である。ただし、大半が掛け金に見合っていない。

 

子供の教育に、成功例なし。人間そのものが、神の失敗作でしかない。

 

嫁があちこちで気を使うと、夫があちこちで恥をかくこと、少なからず。

 

夫の浮気は、妻のせいではない。悪い偶然が、二つ三つ重なっただけである。