ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、文化と文明について、かく語りき

 

文明は世界中に伝わるもの。文化は、その伝わった文明を、どう仕上げるか?

 

文明は、発見する力。文化は、完成させる力。

 

寒いから服を着るのが、文明。恥ずかしいから服を着るのが、文化。

 

文明の原因は、明瞭である。文化の原因は、曖昧である。

 

文化の中心にあるものは、言語である。文明の中心にあるものは、数字である。

 

良い文明には拡がりがあり、良い文化には吸収力がある。

 

文化は文明を止めることが出来る。文明は文化を進めることが出来る。

 

文明とは、普遍性である。文化とは、国民性である。

 

国家は文明的である。家族は文化的である。

 

文明的な人間より、文化的な人間の方が、魅力的であることが多い。

 

野菜と果実を交換することは、文化的である。しかし、そこに金が入ると文明的である。

 

結婚は文明的である。離婚は、もっと文明的である。

 

母親は文化的である。妻は文明的である。

 

最も代表的な文化的産物。酒と料理。

 

最も代表的な文化的娯楽。文学と音楽。

 

競争、特に戦争をすれば、文明は発達する。

 

文化は、富める時代に発達し、貧しい時代に停滞する。

 

戦争は文明的である。平和は文化的である。

 

文化の発達に終わりはない。しかし、長い停滞期間は、世界中で起きている。

 

究極の文明が完成された時代の後は、人類が滅んでいるような気がしてならない。