ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、夫婦について、かく語りき

 

 夫婦とは、あらゆる秘密を共有する関係である。妻が夫の浮気を許せないのは、その秘密が、自分以外の女に、漏れた気分になるからである。

 

 また、それゆえ、妻が容認する愛人とは、一緒に秘密を共有出来ると感じた者に限られる。

 

 一流の悪女は、ちゃんと男と秘密を共有出来る。それゆえ、妻にするのも、愛人にするのも、悪女に限る。

 

 妻が浮気するケースの八割は、夫のせいである。夫が浮気するケースの八割は、妻のせいではなく、夫が男であるせいである。

 

 夫が浮気をした場合、妻にとって、最も重要なことは、誰かをどう責めるかではなく、夫と、別れるべきか否かを決めることである。

 

 妻が浮気をした場合、夫にとって、最も重要なことは、誰かをどう責めるかではなく、傷付いた自分の自尊心を、どう回復させるかである。

 

 まだ、若い夫の老いは、たいがい、遺伝のせいである。まだ、若い妻の老いは、たいがい、家庭のせいである。

 

 誰もが羨む良い夫婦は、お手本ではなく、ただのイヤミである。

 

 一見して、誰もが羨む良い夫婦は、よく観察すると、二つの大きな虚栄心の塊でしかない。

 

 嘘つき夫婦は、仲良し夫婦。正直夫婦は、ケンカばかり。

 

 聡明な妻は、自分を無くしたフリをして、家庭ごと、自分色に染めてしまう。

 

 料理が下手だと自覚のある妻は、いちいち「美味しい?」と訊いてこないので、悪くない。

 

 やたらと掃除が好きな妻は、ただ、暇を持て余しているだけの妻かも知れない。

 

 やたらと噂話が好きな妻は、意外と、自分自身の評判を知らない。

 

 欲求不満の妻たちの第一の楽しみは、何と言っても、自分の夫以外の男と結婚していたら・・・と、無駄な空想することである。

 

 男は、家庭における妻の役割なんて、たいがい金で買えると思っている。女は、家庭における夫の役割なんて、元から、ないと思っている。

 

 一番好きな男(女)と結婚するのは、理想的な結婚ではなく、男(女)に対する理想を、失っていく結婚である。

 

 人生は算数ではないので、貧しい男と、貧しい女が、結婚しても、資産が増える(プラス)どころか、借金(マイナス)が出来てしまうこと、少なくなし。

 

 子供が出来て、やたらと態度が大きくなる妻は、やがて子供を武器にして、夫に、挑戦状を叩き付けて来るだろう。

 

 イカシタ妻と、イカレタ妻は、大体、同じ気質である。

 

 

広告を非表示にする