ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、生きがいについて、かく語りき

人が死にたくないと思うのは、生きがいがあるからではない。死が恐ろしいからである。 生きがいとは、人生に絶望(自殺)したくない人間の、ゴマカシである。 生きがいとは、生活に退屈したくない人間の、コジツケである。 生きがいについて考えるのも、死に…

イナシデス、嘘について、かく語りき

バレない嘘を、つき続けることが出来る人間は、天才である。 バレる嘘を、つき続けることが出来る人間は、体力も、精神力もある。 バレない嘘をついた時こそ、良心と闘うべきである。 どんな種類の嘘をつく傾向があるかで、その人間の性格が分かる。 嘘は、…

イナシデス、病気について、かく語りき

病気だと気付かなければ、それは健康と一緒である。少なくとも、今は・・・。 人は病気が長引くと、死にたくなる。しかし、実際のところ、思うばかりで、実行には移さない。 病気の時は、健康しか求めていなかった者たちが、健康になると、あれもこれも、求…

イナシデス、不満について、かく語りき

心に、不満ばかり、溜まっていく者は、たいがい、他者への感謝が足りない者である。 心に、不満ばかり、溜まっていく者は、たいがい、孤独な状況に陥っている者である。 心に、不満ばかり、溜まっていく者は、たいがい、知性の欠落している者である。 不満が…

イナシデス、有名人について、かく語りき

世界中の誰もが、称賛すべきことをして、有名になった人物さえも、とどのつまり、ただの人間に過ぎない。 一芸で、有名になった人物は、人間として、何かが、欠落している者が多い。あるいは、何もかもが、欠落している者が多い。 一芸で有名になった人物は…

イナシデス、仕事について、かく語りき

貴方に、仕事があるということは、世の中の誰かが、貴方を、必要としている、ということである。 貴方に、仕事がないということは、世の中の誰かが、貴方を、必要としているにも関わらず、探し出せていない、ということである。 仕事は、人生そのものではな…

イナシデス、戦争について、かく語りき

神が退屈だから、人間に戦争をさせるのではない。人間の方が、神を呼び出したいから、戦争をするのである。 戦争とは、この世で最も、派手で醜い、祭りのことである。 理論上、戦争を肯定するより、否定する方が、簡単だが・・・世の中、理屈じゃないから、…

イナシデス、痛みについて、かく語りき

心の痛みは、自分で何とか出来るが、体の痛みは、自分では、どうにも出来ない。 心の痛みも、体の痛みも、死ねば、きっと、解決するだろう。 永遠の痛みなんてない、人生には、死があるから。 もし、死に痛みがともなうならば、人は、もっと、懸命に生きるだ…

イナシデス、優しさについて、かく語りき

優しさとは、手伝うことでも、励ますことでも、与えることでもなく、相手を理解しようとする心である。 優しさについて、きちんと、考えたことのない人ほど、世間的には、優しい人で通っている。 他者と、失礼がないように交際しようと、心掛けている者は、…

イナシデス、外見・容姿について、かく語りき

絶対的な美など、存在しないし、相対的な美など、各個人の好みの前では、無力である。 もし、あなたが、世にも珍しい、驚くべき、酷い顔面をしていたとしても、自分自身が気に入っているのなら、他人の嘲笑など、気にする必要はない。 もし、あなたが、世に…

イナシデス、魅力について、かく語りき

別に、これといった魅力なんてなくとも、恋も出来るし、結婚も出来る。それは、人類の歴史が証明している。 もっと、自分を、魅力的にしたい者は、他人のことを研究するより、自分のことを研究するべきである。 どんなに魅力的な人物でも、百人中百人に、「…

イナシデス、青春について、かく語りき

青春とは、若さゆえの特権ではなく、力があり余っている人間の、特権である。 自分を見失っている者ほど、青春を謳歌する、資格がある。 青春とは、恥をかくのが、楽しくなる時期のことである。 青春とは、明らかな時間の無駄を、全く、気にしない時期のこと…

イナシデス、自尊心について、かく語りき

自尊心のない者は、自尊心のある者を責めない。しかし、自尊心のある者は、自尊心のない者を、やたらと責めたがる。 自尊心の問題というものは、結局、誰からも、馬鹿にされたくないという、問題に過ぎない。 自尊心を誇示したい者は、その辺にいる皮肉屋た…

イナシデス、嫉妬について、かく語りき

本妻に嫉妬する愛人は、図々しい。愛人に嫉妬する本妻は、夫を信用していないか、自分に自信がない。 女の嫉妬は、恋愛から、男の嫉妬は、仕事から、生まれることが多い。 嫉妬を全くしない人間は、よほどの好人物か、よほど、思い上がった人物である。 友人…

イナシデス、教育について、かく語りき

子育てで、何より大切なことは、その子供のために、親が、祈り続けることである。 親はなくとも、子は育つ。しかし、子のいない大人は、子のいる大人と比べて、成長する機会を失う。 子供の教育に、暴力を用いることは間違っている。しかし、残念ながら、間…

イナシデス、権力について、かく語りき

女の権力者は、同じ女から、嫌われている。男にも、好かれていない。ゆえに、お世辞を言われると、やたらと喜ぶ。 子供に権力を持たせると、無邪気さと、残酷さが、似たりよったりだと、よく分かる。 誰も、狂人を権力者にしたりしない。権力が、その人を、…

イナシデス、景気について、かく語りき

景気が良ければ、ゴミでも売れる。景気が悪ければ、ゴミでも拾う。 世の中の景気は、自然と同じであって、人間の意志で、どうにか出来ると思うのは、間違いである。 ケチな金持ちが増えたら、世の中は、不景気になる。最良の景気対策は、ケチな金持ちを唆し…

イナシデス、苦悩(悩み)について、かく語りき

悩みの多い人間は、知的ではない。悩みのないことこそ、知性の裏返しかも知れない。 悩みなんて忘れろ、と言われても、忘れることは、覚えることより、難しい。 所詮、誰かに話せる悩みなんて、どこか、自慢げですらある。 悩み相談の上手な者、たいがい、お…

イナシデス、愛人について、かく語りき

大半の愛人は、略奪愛を狙っている訳ではない。好きな男の妻との、分割愛を望んでいる。 妻は、愛人に勝ちたがる。愛人は、引き分けでも構わない、と思っているのに・・・。 憂鬱な愛人の顔は、美しい。お気楽な妻の顔よりも、ずっと・・・。 妻は、愛人に「…

イナシデス、名言について、かく語りき

新しい名言など、存在しない。全ての名言は、誰かの使い古しに過ぎない。 Aという国で生まれた名言は、どうせ、Bという国でも、Cという国でも、別の誰かが言っている。 誰だって、長い人生の中で、一度や二度は、名言を吐いている。ただし、誰も覚えては…

イナシデス、成功について、かく語りき

ただの結果論に過ぎない、成功者の言葉を、長時間、聞いていられる者は、きっと、成功しない。 全てのチャンスは、一度切りである。二度目のチャンスは、別のチャンスでしかないから。 成功への道標とは、小さい目標を、いくつも持つ、ということである。 あ…

イナシデス、世間(世間体)について、かく語りき

世間体を気にするということは、他人の嫉妬を気にすることと、同じことである。 迷走する者、世間体の奴隷。 世間体など、大事ではない。大事なのは、世間体を気にしているように、見せることである。 世間の代弁者と言われる人は、たいがい、自薦でやってい…

イナシデス、夢と希望について、かく語りき

他人の夢が叶った話は、他人が寝て見る夢と同じように、聞きたくもない。 夢を叶えた人間の話を聞いても、大して羨ましく感じないのは、その夢が、自らの夢とは、別のものだからである。 他人の夢を聞くのが好きな者は、自分の夢は、語りたがらない者が多い…

イナシデス、外国・外交について、かく語りき

愚かな近隣諸国との交際より、優先されるべきは、優れた遠国との交際である。 外国は、貿易相手であり、観光地に過ぎない。外国に、それ以上のものを求めることは、外交的失敗のもとである。 ある国が、ある外国の動向ばかりを気にするのは、その国を尊敬す…

イナシデス、読書について、かく語りき

面白い本とは、読んで、記憶に残るものというよりは、読んでいる時、今を忘れさせてくれるものである。 良い本と出会いたかったら、その何倍も、悪い本との出会いをしなければならない。 一冊の良書は、百人とのお喋りにも勝る。 良い本は、何度、読み返して…

イナシデス、不倫について、かく語りき

不倫をしている者に対して、過剰に責めたがる者は、不倫をするより、不幸な結婚をしている者かも知れない。 モテる人間が、不倫を批判しても、説得力がない。モテない人間が、不倫を批判しても、やっかみでしかない。 モテない人間の不倫には、金がかかる。…

イナシデス、夫婦について、かく語りき

夫婦とは、あらゆる秘密を共有する関係である。妻が夫の浮気を許せないのは、その秘密が、自分以外の女に、漏れた気分になるからである。 また、それゆえ、妻が容認する愛人とは、一緒に秘密を共有出来ると感じた者に限られる。 一流の悪女は、ちゃんと男と…

イナシデス、人生について、かく語りき

人生に意味があるとしたら、それは、こじつけでしかなく、意味がないとするのも、こじつけでしかない。 命懸けの人生と聞くと格好良いが、よく考えてみると、誰の人生であっても、死ぬ前までの行為は、全て、命懸けである。 人生の転換期は、予言出来るもの…

イナシデス、国家について、かく語りき

国家は、極めて合理的な装置・機能であって、自分の意思を持っていない。 大きな集団でありながら、国家という装置・機能を活用しない集団は、山賊や海賊と変わらない、ならず者である。 国家は、全く機械的である。燃料になっているのは、予算であり、それ…

イナシデス、性別について、かく語りき

男女平等以前に、あらゆる人間関係の中で、全く対等な関係性なんて、存在しない。 男女平等の推進は、双方の偶像性の破壊を伴い、男女ともに、損したり、得したりの話である。 男らしさも、女らしさも、イメージ先行の定義モドキに過ぎない。 男になりたがる…