読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、隣人について、かく語りき

 

あの人、もっと気にするべきことがあるのに、占いばかり気にしている。

 

知識のある人、無駄口多い。知識のない人、いつも同じ話。

 

人を褒めたがる人、裏のある人。人を貶したがる人、裏を見せているようで、まだ裏がある人。

 

たいがいの人間は、善でも悪でもなく、軽く嫌な奴。

 

良い人だけど、気の利かない人もいれば、気が利くけれど、厭らしい人もいる。

 

何かしそうな人物より、何もしていない人物の方が、怪しい顔をしている。

 

冷たい人も、温かい人も、別の種類の合理主義者に過ぎない。

 

不謹慎な人間より、冗談が通じない人間の方が、タチが悪い。

 

間抜けな自慢したがりは、つい、この間、健康自慢をしていたのに、今は、大怪我自慢をしている。

 

あの人は、貧しいが決断力がある。きっと選択肢がないせいだろう。

 

話をしなくても、理解し合えている相手を失うことは、人生において、大変な損失である。

 

負担しない人より、嫌な人、恩着せがましい人。

 

運の良い人、秘密がバレない。頭の良い人、誰とも秘密を共有しない。

 

弱者を責める人も、強者を責める人も、結局、思い上がっている。

 

偉くなったから、選らそうにする人は、悪い人というより、普通の人である。

 

人のためにやっている、と言いたがる人間、責任転嫁が巧み。

 

厄介者の精神力は、人並み以上である。

 

みんなそれぞれ思い上がっていて、世の中は、下らない小貴族でいっぱい。

 

大半の人間は、世間を知ったつもりの、世間知らずに過ぎない。

 

私は、多くの人間が、完璧と評価した者すら、十以上の欠点を発見出来る、性格の悪さの持ち主である。