ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、成功について、かく語りき

 

 ただの結果論に過ぎない、成功者の言葉を、長時間、聞いていられる者は、きっと、成功しない。

 

 全てのチャンスは、一度切りである。二度目のチャンスは、別のチャンスでしかないから。

 

 成功への道標とは、小さい目標を、いくつも持つ、ということである。

 

 あれもこれも、何もかも欲しがる者は、成功しない。

 

 あれもこれも、何もかも要らない者は、成功しても、意味がない。

 

 人生の丁半博打を避けたがる者は、成功者にも、失敗者にもなれない。

 

 成功も失敗もしない人生を歩んだ者は、どちらかと言えば、成功者である。

 

 失敗は、成功のもとかも知れないし、大失敗のもとかも知れない。

 

 時間を気にしない者は、成功しない。時間を気にし過ぎる者は、忙しない。

 

 理念なき成功者ほど、他人の理念を、自分のもののように語るようになる。

 

 全く、無計画なまま、成功した者ほど、自分の運の良さを、否定したがる。

 

 成功の実感のない成功は、自分で考え、つかんだ成功ではないからである。

 

 親孝行だから、成功したのではない。成功した者は、親孝行したくなるのである。

 

 残念ながら、道徳なき成功者が、その実績を、正当に評価されるようになるのは、きっと、死後のことである。

 

 成功後、もう一段、上を目指すか?それとも、現状維持を心掛けるか?それが、問題だ。

 

 良い成功者は、次世代の成功者を育てる。悪い成功者は、次世代の成功者の芽を摘みたがる。

 

 成功したかどうかは、他人(世間)が決めることではなく、自分が、納得出来たかどうかの、問題である。

 

 失敗している自覚のない者も、成功者の一人と考えれば、世の中は、成功者ばかりになる。

 

 明らかな社会的成功者が、そのまま、幸福な個人とは限らないという、皮肉。

 

 人間は、死の間際まで、健康であったというだけで、半分は、成功者である。

 

  

広告を非表示にする