ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、夢と希望について、かく語りき

他人の夢が叶った話は、他人が寝て見る夢と同じように、聞きたくもない。 夢を叶えた人間の話を聞いても、大して羨ましく感じないのは、その夢が、自らの夢とは、別のものだからである。 他人の夢を聞くのが好きな者は、自分の夢は、語りたがらない者が多い…

イナシデス、外国・外交について、かく語りき

愚かな近隣諸国との交際より、優先されるべきは、優れた遠国との交際である。 外国は、貿易相手であり、観光地に過ぎない。外国に、それ以上のものを求めることは、外交的失敗のもとである。 ある国が、ある外国の動向ばかりを気にするのは、その国を尊敬す…

イナシデス、読書について、かく語りき

面白い本とは、読んで、記憶に残るものというよりは、読んでいる時、今を忘れさせてくれるものである。 良い本と出会いたかったら、その何倍も、悪い本との出会いをしなければならない。 一冊の良書は、百人とのお喋りにも勝る。 良い本は、何度、読み返して…

イナシデス、不倫について、かく語りき

不倫をしている者に対して、過剰に責めたがる者は、不倫をするより、不幸な結婚をしている者かも知れない。 モテる人間が、不倫を批判しても、説得力がない。モテない人間が、不倫を批判しても、やっかみでしかない。 モテない人間の不倫には、金がかかる。…

イナシデス、夫婦について、かく語りき

夫婦とは、あらゆる秘密を共有する関係である。妻が夫の浮気を許せないのは、その秘密が、自分以外の女に、漏れた気分になるからである。 また、それゆえ、妻が容認する愛人とは、一緒に秘密を共有出来ると感じた者に限られる。 一流の悪女は、ちゃんと男と…

イナシデス、人生について、かく語りき

人生に意味があるとしたら、それは、こじつけでしかなく、意味がないとするのも、こじつけでしかない。 命懸けの人生と聞くと格好良いが、よく考えてみると、誰の人生であっても、死ぬ前までの行為は、全て、命懸けである。 人生の転換期は、予言出来るもの…

イナシデス、国家について、かく語りき

国家は、極めて合理的な装置・機能であって、自分の意思を持っていない。 大きな集団でありながら、国家という装置・機能を活用しない集団は、山賊や海賊と変わらない、ならず者である。 国家は、全く機械的である。燃料になっているのは、予算であり、それ…

イナシデス、性別について、かく語りき

男女平等以前に、あらゆる人間関係の中で、全く対等な関係性なんて、存在しない。 男女平等の推進は、双方の偶像性の破壊を伴い、男女ともに、損したり、得したりの話である。 男らしさも、女らしさも、イメージ先行の定義モドキに過ぎない。 男になりたがる…

イナシデス、自由について、かく語りき

道徳は、自由の邪魔である。そう聞いて、納得した者は、空想的自由を求めている者であって、現実的自由を知る者ではない。 誰だって、頭の中は自由である。ゆえに、他人に知られたくないことばかり、考えている。 どんな自由が欲しい?と、訊かれて、すぐに…

イナシデス、芸術について、かく語りき

絵画の限界。海の絵なんて、退屈である。本物の海は、いつまで眺めていても、飽きない。 肖像画も宗教画も、ただのフィクションである。しかし、大衆の多くは、ありのままを信じている。 良い音楽は、決まって、どこか哀しい。表面的には、明るく楽しく聴こ…