読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリシャの哲学者ソーザ・イナシデス名言集

ソーザ・イナシデス(1679生~1731没) 日本で全く無名というだけではなく、祖国ギリシャでも忘れさられた存在。同じ十七世紀に生まれたため、南欧のパスカルと呼ばれた。簡潔・明快な短文の名手で、大量の日記と書簡に、多くのアフォリズムを残した。

イナシデス、美学について、かく語りき

 

美学とは、他人には分からない、自分の価値観のことである。

 

自分の美学がある者、他人の批判も嘲笑も恐れたりしない。

 

自分の美学がない者、他人の言いなり、世間に合わせて生きるだけ。

 

嘘をつき、嫌われて、反省するようでは、真の嘘つきではない。

 

ケチなことをし、嫌われて、反省するようでは、真のケチではない。

 

自尊心を半分にすることは出来る。しかし、更に半分には出来ない。

 

誰に対しても同じ扱いをすることが、公平と言うなら、私は不公平を支持する。

 

人を見る目のない人間に、馬鹿にされるのは、本当に光栄である。

 

世間の批判も、たまに浴びるくらいなら、結構、心地良い。

 

変化がないのも、罰と同じ。

 

人並みという自覚のある人、自分を省みない。そのくせ、人並みとは言えない他人を、責めたがる。

 

与えたがる人、凡人。貰いたがる人、凡人以下。

 

お気楽に生きる、大変な才能。

 

あるのに欲しがるな。なくなってから、欲しがれ。

 

所有しようと思わなければ、失なうこともない。

 

野心のある人、ない人の倍、あちこちで頭を下げている。

 

大きな社会的成功を願っている者は、誰の悪口も言わない。

 

人生は全て、ぶっつけ本番。

 

二周しても、三周しても、分からない時は、もう一周するしかない。

 

言い訳がましい文明人であるより、単純な野蛮人でありたい。